FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックねぶた会

尊長コシャマインの反乱
                         北村 蓮明 先生
その昔、北の大地を舞台に繰り広げられた、民族と民族の激しい抗争があった。
美しい大自然に抱かれながら、のんびりと楽しく生活していたアイヌ民族くにとり、そこはまさに自由の天地であった。大らかに生きていたアイヌが本州から渡来した和人を容認したのは、訪ずれる者を拒まぬという民族的な開放性であった。
しかし、いつしか勢力を増し始めた和人たちの横暴さが目立つようになり、アイヌたちの反感は次第に高まっていった。
1456年、和人の鍛冶屋がアイヌの少年を刺殺したことが発端なり、忍耐を重ねていたアイヌたちの怒りが爆発。酋長コシャマインをリーダーとして、和人に戦いを挑むことになる。
それは、アイヌモシリ(人間の大地)から、和人を追放するための戦いであった。
2017パナソニック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。