FC2ブログ

2016ヤマト運輸ねぶた実行委員会

俵籐太と竜神  北村 隆 先生
 平安時代中期、瀬田の唐橋の下に棲む竜神は大百足に悩まされていた。

 そこへ通りかかった田原籐太秀郷の豪胆を見込みこんで百足退治たいじのため龍宮へ案内する。

 竜神に頼まれ三上山の大百足を退治した秀郷はお礼として慈尊出世を告げる名鐘と米の尽きることのない米俵や名剣を贈られた。こののち田原籐太は俵籐太といわれる。

 名鐘は三井寺へ納められ「三井の晩鐘」といわれ、名剣は「蜈蚣切」の名で宝刀として伊勢神宮に所蔵されている。

 いわゆる大人の龍宮伝である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク