FC2ブログ

2016青森県板金工業組合


匠の奇人 左 甚五郎   北村 蓮明 先生
左甚五郎は江戸時代初期に活躍したとされる伝説的な彫刻職人で、生き物を彫ればそれに魂が宿り、夜な夜な歩き出すと言われる程の名人である。
日光東照宮の『眠り猫』、見ざる言わざる聞かざるの『三猿』や成相寺の『真向の龍』など、数多くの彫刻を残している。

「左」姓を名乗ったのは、”左利きだった為”や”腕の良さを妬まれ右腕を切り落とされた為”などの説がある。

ねぶたは、主君の姫を匿っていたところ悪人に知られてしまうが、唐獅子と龍が動き出して悪人を追い散らかしたという場面。
2016板金

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク