FC2ブログ

2016に組・東芝

纏と唐獅子牡丹 北村 隆 先生 
地震とともに火事は最も恐ろしい災害である。

享保四年1719年 大岡越前守忠助の名により「いろは四十八組」制度ができた。

火事装束はまさに火消しの「勇み」「気負い」の象徴ともいい纏のもとに総力を結集して消火作業を行い纏が火を消したとまで言われた。

火事場に命を懸けた火消したちを描き「意気地と粋」の庶民文化を高らかに謳いあげたものであり、颯爽たる「男伊達」に象徴される。

のちに纏も悪霊や邪気を払うものとしてつかわれはじめた。

「百花の王」と言われる牡丹の下で身を守る唐獅子もまた「百獣の王」と言われており獅子頭には強い霊力があり悪い気を食べてくれるという。

纏と唐獅子 ふたつの邪気を払うという力を表現した。


2016に組

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク