FC2ブログ

巴提便、大虎を退治す

に組大虎
巴提便、大虎を退治す
          北村 隆先生


巴提便(はすび)は545年欽明天皇につかわされて、妻子とともに百済へ向かった。
百済の浜で日が暮れたのでそこに泊まった時のこと。
子供が急にいなくなり、行き先がわからなくなった。
その夜は大雪で夜が明けてから探し始めると、虎の足跡が続いていた。
巴提便は刀を帯び鎧を着て岩穴を捜し歩くと、目の前に大虎が現れた。
刀を抜いて「自分は勅を受けて山野に奔走し、風雨にさらされ、草を枕に茨を床にして苦労するのは、子を愛し親の業を継がせようと思うためである。
神は私に子を一人与えたが、今夜その子がいなくなった。
跡を追って探しに来た。命を落とすことも恐れず、虎に報いるために」
その虎は前進し、口をあけて呑もうとしました。巴提便はさっと左手を差し出し、その虎の舌をつかみ、右手で刀を突き刺したという。
虎退治の話は数多くあるが、この話が日本で初めての虎退治の話だという。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク