FC2ブログ

やさしい健康体操教室Pt.48

バランス良く筋を強化  -腰痛予防のため-

 3月も半ばに入り春の陽気を感じるようになりました。暖かさとともに身体の動きも軽くなるよう、少しずつ運動量を増やしましょう。
 今回は「強化で腰痛予防」と題して、腰の不調を防ぐエクササイズの一例を紹介します。
 おそらく多くの方がこれまで腰の不調を経験したことがあるはずです。程度の差はあれ、痛みだけでなく、腰が張る、重いなどの不快感を抱える人も少なくありません。腰痛の原因や賞状はさまざまで、単に筋肉や関節の炎症だけではなく、精神面からくるこわばりも含め、まだまだ解明されていないのが現状です。
 腰痛の多くは姿勢の崩れからくる一定部位へのストレス(過緊張など)や各筋群のアンバランスによるものです。例えば、背筋が常に緊張(張っている)状態で、逆に腹筋が緩んでいる場合や、骨盤を指示する大腿(だいたい)やお尻の筋肉の強さや柔軟性に大きな差がある場合など、腰へのストレスは当然大きくなります。
 これまで腰痛の予防法としては、主に腹筋強化が有効とされてきました。確かに腹筋は腰椎(ようつい)を安定させる上で重要ですが、実際の動きの中で機能しなければなりません。また、単に腹直筋だけを鍛えるのではなく、腹横筋・腸腰筋など体幹部の筋群が協調するよう脚・腰・背・腹それぞれつながりを意識した動きを強化することが大切です。
 写真のエクササイズは、動きの中で腰が反ったり丸くなったりと不安定にならないよう腹圧を高めることがポイントです。その際にただおなかに力を入れるのではなく、背筋やお尻、脚・など各部位のバランスを上手に調整することが姿勢改善につながります。不要に力むことで腰背部の緊張を強めることもありますので、必要なところ以外は力を抜いて余裕のある状態(姿勢・回数など)で行いましょう。
 痛みや不調の原因は自分の身体にあります。筋強化が万能の対策ではありませんが、普段の自分の姿勢や動きを改善して、不調の要因を減らすための一手段として行って下さい。


トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク