FC2ブログ

2010 青森ねぶた

に組・東芝
豪勇 樊噲     作:北村 隆  先生

秦朝の頃。(紀元前250年頃)
 中国 前漢の高祖 劉邦の功臣。
呂后の妹を妻とし、武勇をもって最も信頼の厚かった臣下である。
 項羽は劉邦の恐るべき人物たるを見抜き、劉邦を謀殺しようと企てる。項羽の本陣である鴻門で酒宴を催し、これを機に殺そうとした。(鴻門の会)
 宴の外で待機していた樊噲は、主君の危うきを察するや剣と盾を持ち衛兵を押しのけ、鉄門を押し破って席上へ闖入、自ら項羽に直面し劉邦の二心無きを説く。
その姿は、髪は逆立ち、眼は張り裂けんばかりであった。
 主君を守らんとする樊噲の勇姿である。




よげしゃべり
昨年から に組のねぶたを 手掛けた。
消防団に ふさわしい 火消し・纏を 取り上げ すばらしいねぶただっが 残念ながら 賞には 選出されなかった。近年は 手の込んだねぶた作りに 迫力を 表現しようと感じられる。昨年の青森大学の閻魔様は 全体でみれば腕が 大きく感じられるが 斜め45度(正面)から 見ると 3Dでは ないが すごい迫力がある。
今年のに組のねぶたは 下絵から すごい迫力のねぶたが 想像できる。
完成が 楽しみな 1台なねぶたです。
 



ねぶたの台上げが 18日に なりました。
○しら いわく
“迫力のなら 間違いなく一番。いい ねぶた だ。”

竜の送り絵も すばらしいとの事。

2010 青森ねぶた

日立連合ねぶた委員会
不動の剣、義仲を救う   作:北村 蓮明

 木曽義仲は平安末期の武将で、源頼朝、義経とはいとこにあたる。幼名駒王丸。二歳の時、頼朝の兄義平に父を殺される。危うく一緒に殺されそうになったがこっそり助け出され、乳母の夫である信濃の国の中原兼遠にあずけられる。源氏の大将の血を受けた駒王丸は木曽の山中で大事に育てられ、やがて元服し木曽義仲と名のる。京都で平家が栄えている頃である。
 治承四年、以仁王の令旨により挙兵。平家の大軍を奇襲、夜襲で討って入京する。敗れた平家は西海に逃れ義仲は後白河法皇より「朝日将軍」という名を与えられる。
 ねぶたは戦いで窮地に陥った木曽義仲が、以前に平家から剣を奪い返してあげた不動明王に救われ、平家の軍勢を打ち負かす場面。





よげ しゃべり
昨年のねぶた大賞を受賞した 北村蓮明先生が連覇にむけての 気合が 感じられる。
構図は 昨年に似た感じで かなり手の込んだねぶたに なりそう。
今年は 手掛けるねぶたが 1台増えて 忙しくなるが きっちり 手を抜かずに すばらしいねぶたが できるように思う。完成が たのしみな ねぶたの1台。
プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク