FC2ブログ

みちのく銀行国道支店

みちのく銀行国道支店
今年の春に 中央1丁目から 橋本1丁目に 移転した。
徒歩で1分もかからない距離にあったのが 信号2つ分遠くなった。
移転後は 銀行のキャッシュディスペンサーが集中している青森市役所を 主に利用するようになった。
何度か 移転後のみちのく銀行国道支店には 足をはこんでいるが 本日1階の奥のフロアに目がいった。
ねぶたの下絵だと思い足を運ぶ。
レプリカかかなと思いながら 近寄る。

なんと 本物の下絵。

この世に1枚しか 存在しないもの。
下絵は 北村蓮明先生のもので 賞を受賞したものばかり。

なんと その中に 今年 ねぶた大賞を受賞した物も。

とても 得をした気分。

息子は 多分知らないので 今度 連れてきて 自慢したいと思います。




ノクオス Knock-Os 6

ノクオス
サンビー株式会社
 ノ ッ ク     お  
Knockして捺せる 6㎜印


Knock-Os 6 ノクオス


既製品1,365円 別製品1,890円

印面サイズ : 6㎜丸
製品サイズ : H94×W19×D21.5㎜

ここが おすすめ
ひと~つ 
ボールペンのように ノックすることで、使用可能となるノック式キャップレス浸透印!

ふた~つ 
捺印時に印面部が見える為 従来のキャップレス印では押しにくかった小さな枠など ねらったトコロに ポンと捺せます!

みぃ~つ
クリップ装備で携帯しやすく 様々な現場・職種で活躍!

おまけに
ホワイトパールに オレンジ・ピンク・グリーン・ブルー・ブラック(クリップ部分)の5色の カラフルボディーを 選べます。

10月1日は 印章の日 です

10月1日は 印章の日です。

印章は 個人を あらわす重要な 働きをしています。

日々活躍している 印章のお手入れを してあげるのもいいと思います。

はんこは つまっている ごミや朱肉など とってあげましょう。
※シヤチハタ ゴミトール が おすすめです。

ゴミトールは こちら
ゴミトール

ゴム印は セロテープ・ガムテープの接着面に 数回押して ごみを とってあげましょう。
※接着力が強い物は ゴムが 欠ける場合があるので 不可。
 また 使い込んだゴム印など 劣化している場合は 不可。

浸透印は 接着面が弱いセロテープなどに 数回押して ごみを とり インキを補充してあげましょう。
※浸透印は 普通のゴム印と違いデリケートなので 充分注意が 必要。
 インキを補充する場合は メーカー・インキの種類を 確認し 専用の物を 使用する。
 違うメーカーや 違う種類のインキを 補充した場合 凝固したり・インキが分離する事があります。



からだリフレッシュ №24

腹回りの筋群に効果 体幹部(ボディーコア)の強化㊦

今回は「体幹部(ボディーコア)の強化」の後編です。主におなか回りの深層・表層の各筋群を複合的に強化していきます。

写真①は今回の各エクササイズの基本姿勢となります。あおむけに寝て、へそを引っ込めるようにし(複式呼吸で息を吐く感覚)、腰と床にすき間のない状態です。この姿勢をとることで背骨近くの深層筋に作用します。

写真①から②にかけての動きは、つま先を外側に向けて脚を開いた状態から内ももを閉じるように斜め上へ持ち上げる、下腹部の深層筋の強化です。動作中は腰が反りやすいため、腰痛のある方は無理に行わず、ひざを曲げるなどして状態を確かめながら行いましょう。

写真①の基本姿勢から③、④の動きは、前途の部位に加え。表層に近い腹直筋(中心部)や腹斜筋(脇腹)の強化も含まれます。脚の動きだけでなく、上体を起こしながら対角線上のひざとひじ(③)・つま先と指先(④は③よりきつめ)を近づけます。各動作とも部位を意識し、少なめの回数でゆっくり行います。

まずは基本姿勢(写真①)から始め、無理のない範囲で徐々に複合的な体幹部強化を図りましょう。


トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG

開運縁起札御守

開運縁起札御守

木札に 御守御本尊・梵字を 彫刻したものです。
携帯につけたり 持ち物に つけたり 御守として お使い下さい。


御本尊
画像 001

梵字
画像 002

開運縁起札御守のご注文は

※ホームページから ご注文の場合(郵便振替)は 送料は 無料です。
 来店以外 御本尊・梵字は 指定できません。

からだリフレッシュ №23

無理せず深層筋を刺激-体幹部(ボディーコア)の強化㊤

今回は「体幹部(ボディーコア)の強化」がテーマです。文字通り姿勢や動作の核(コア)で、中心的な役割を果たす体幹部の強化は、ボディーバランス向上やスムーズな身体動作には不可欠です。

写真①②は、主にお尻や腰背部の筋群で体を支える運動です。おなか周りの深層筋や脚部も協調的に働くため、体幹部全体の強化につながります。①のように適度にひざを曲げた状態から、床についているお尻をゆっくりと浮かせます。この時かかとと肩の2点で体を支える感覚で、ひざか首まで体幹部を棒のようにまっすぐ保ちます。また両手を背中の下で組むと、より運動強度が高くなります(②)。自然に呼吸ができる範囲でその姿勢を2~3秒キープし、①へ戻ります。

写真③④は反対に体の全面、おなか周りの筋群で体を支える運動ですが、腰背部との協調性も強化されます。③のようにひじが肩の下に位置するよう90度位に曲げ、床についている下腹部をゆっくりと浮かせます。ひざとひじの2点で支える感覚でひざから首まで体幹部をまっすぐに、2~3秒姿勢を保ちます(④)。この時お尻を高く上げすぎない(腰がくの字型にならない)ように注意しましょう。

いずれの種目も腰に不安がある場合は無理をせず、回数も5~6回程度から正しい姿勢で行いましょう。体幹部をまっすぐに保つことがポイントです。


トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG

からだリフレッシュ №22

2本線を進むイメージ -ゆっくりジョギング 初級編 下

今回は、「ゆっくりジョギング」で、ひざに負担をかけずに走るポイントと腕振りのコツをお伝えします。

前回、接地時に足裏を柔らかく使うことを紹介しましたが、その際、ひざの位置やつま先の向きに注意する事が大切です。

写真①のように、ひざとつま先の向きは前方、またはやや外側を向くようにし、大腿(だいたい)とすねがまっすぐに並ぶように意識して身体を支えます。また、2本線上を進むイメージを持つことが安定感につながります。写真②のようなひざとつま先、大腿とすねのラインが崩れた接地ではひざの負担が増してしまします。

楽に走るための腕振りは、写真③④のように無理に前後に振らず、肩のラインを回転させるイメージで楽に動かすことです。前へ出る脚の方へ両腕を寄せるようにすることで脚と腕が連動して楽に進みます。そのほか、手は軽く握る(スポンジを握る感じ)・肩を下げる(力を抜く)・ひじを軽く曲げる、などのコツがあります(写真⑤)。

ポイントを整理し、自分のペースでジョギングを楽しみましょう。


トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG

からだリフレッシュ №21

歩幅狭め負担少なく -ゆっくりジョギング 初級編上

今回は、ウオーキングの延長として無理のない範囲で行う「ゆっくりジョギング・初級編」です。

初級編のポイントは、ウオーキングよりも歩幅は狭く、速さを同程度に抑えることです。走る=歩くより速く・地面をけって歩幅を広げる、と思いがちですが、負担の少ないゆっくり走法で、徐々に体を慣らしていくことが大切です。

足運びは、写真①②のようにつま先で後方へけらないよう早めに前へ着きます。その際、おなかを意識し(足から頭までまっすぐなラインをイメージ)足裏全体で体を支えます。ひざは軽く曲がっても良いので、上下動を抑えるような柔らかい接地を意識して腰やひざの負担を減らしましょう。

写真③④は一見良い走り方のようですが、つま先でける・跳ぶことで脚が後方へ流れ、上下動も大きくまっすぐなラインが崩れているためひざ・腰に負担がかかります。

写真⑤のように、おなかを意識してその場で軽く弾む運動(足裏全体で柔らかく)で、負担の少ない走り方のコツをつまみましょう。


トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG

水晶 身代り数珠

水晶   身代り数珠  御守

水晶は昔から幸運の宝石と云われ、厄除房と申しまして、五色の糸を用いた指数珠は、指輪のように、左手中指にはめたり、身体に付けて魔除け、厄除の御守として あなたを守ります。

    税込500円


身代り数珠
身代り数珠

お財布に入れて携帯
財布

身代り数珠 ご注文は!

からだリフレッシュ №20

ボールに体 預け転がす-ストレッチで軽やかに④

今回はバランスボールを用いたリラグゼーションストレッチです。ボールの丸い形や柔らかさ、転がりなどの特性を利用しできるだけ力を抜くことがポイントです。(ボールの大きさは直径50センチ前後、大きめのクッションなどを代用してもよいが、市販のボールが最適)

写真①~④はそれぞれ①脚・腰②肩・背中③腰背部④胸・体幹部のリラグゼーションです。ボールに身体を預けるようにして、動かずに脱力するだけでもストレッチ効果はありますが、気持ちよく感じる範囲でボールをゆっくり転がすことにより一層、各部位の緊張がほぐれことを実感できます。

①はひざを左右に倒したり回転させることで主に腰周辺を、②は手をついて前方へ伸びる、そこから左右に転がすなどの動きで肩周辺を、③④は球面に身体を(首も含む)合せることで腰背部・胸・体幹部を、それぞれ深層部からこわばりをほぐす効果が期待できます。動きの方向は前後(縦)・左右(横)・回転の3パターンが基本ですが、気持ち良く感じる動作を中心に行うのが良いでしょう。


トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG

からだリフレッシュ №19

脚の機能向上目指す ストレッチで軽やかに③

今回は、ダイナミックストレッチ(強く大きい動きを引き出すための動的ストレッチ)の紹介です。股関節周辺・脚を中心に動きを高めます。
写真①②は主にお尻の外側、内ももの筋肉に効くスとレッチです。ひざを前方に引き上げ(①)、横へ水平に開閉します(②)。この時、ひざを90度ぐらいに曲げ、ひざ下にかけてL字型の状態を保ちながら、扉を開け閉めするように動かします。支持脚をまっすぐに保つために壁などを支えにしても良いでしょう。
写真③④⑤は、連続で行っても良い脚全体のストレッチです(それぞれ単独でも可)。前方へ脚を振り出す(③・脚の裏側)、後方へひざを曲げながらけり上げる(④・下腹からもも前面)、ひざを前方で抱えるように引き上げる(⑤・尻)という一連の動作を加減しながら徐々に大きく動かしていきます。痛みを伴う無理な動作は禁物です。各部位の状態を確かめながら行い、脚の機能向上を図りましょう。
※回数・時間等にこだわらず、無理のない範囲で実施すること。
 

トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG
プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク