FC2ブログ

やさしい健康体操教室⑤

自分の足でちょっと遠出を
今年は桜の開花も早く、すでにお花見を楽しんだという方も多いかと思います。
今回は、連休中に外出する際に、できるだけ車に頼らず、のんびりと「自分の足でちょっと遠出を」することを提案します。
忙しい現代人にとって、車などの便利な交通手段は、移動時間の短縮や体力の温存(疲れない)という点で、欠かせないものです。
しかし、ある程度の時間を確保できる連休中なら、健康のために、車ではなく自分の足(歩きや自転車)で出かけてみる、ということも可能ではないでしょうか。
普段、車で何げなく通り過ぎている道沿いも、ゆっくりと進むことで、木々の新芽やジンチョウゲの香り、野鳥の声を感じさせてくれます。また、車では通らない道を選択することも、新たな発見があって、意外に楽しいものです。
歩き方のポイントとしては、以前紹介した、腹圧や背中の意識などが挙げられますが、今回は自転車に乗る時の姿勢について、ワンポイントだアドバイスとして触れたいと思います。
自転車に乗る時は、何となく楽な姿勢でこいでいる、という人がほとんどだと思いますが、座り方(姿勢)を意識することで、より効果的な動作にすることだできます。
自転車をこぐ動作は、大腿(だいたい)の筋肉意外に、脚を引き上げる大腰筋や、上体を保持する体幹部も働きますが、その時に腰から背中(背骨)が丸くならないことがポイントです。
サドルの高さをこぎやすい位置に合わせて、お尻の骨(坐骨=ざこつ)を立てる、もしくは下腹を伸ばすようにして座り、体幹部を意識してこぎます。
この「骨盤の操作」が重要ですが、少し難しい感覚かもしれませんので、まずは歩くのと同様に、お腹(なか)に緊張感を持って、自然に背筋を伸ばすようにしましょう。
晴れた気持ちのよい休日には、あえて車ではなく、自分の足でちょっと遠出をすることで、健康的にリフレッシュしませんか。


     トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著    小泉 洋’s BLOG

BMI指数(ボディマス指数)

自分の体を管理する為の 目安にして下さい。
BMI指数(ボディマス指数)
体重÷身長÷身長
体重(体格)の指標(Body Mass Index)で、肥満度を表す指数。

標準BMI=22
18.5未満=やせ
25未満18.5以上=普通
25以上=肥満


計算例)
身長170センチ   体重82㎏
BMI=82(体重)÷1.7(身長)÷1.7(身長)=28.4=肥満


※生活習慣病の話題が多い世の中。健康についての カテゴリーを 追加しました。

SECURE -セキュア- スタンパー&マーカー

DMハガキ・封筒の宛名等の 個人情報を見えにくくする!

セキュア スタンパー & マーカー
SECURESTAMPER & MARKER

                                      Shachihata シヤチハタ

secure

手間なく 簡単に 個人情報を 目隠し できます。印刷部分に ポンと 押すスタンパーと シュッュツと 線が 引けるマーカー。油性マーカーで 塗りつぶした場合 文字が浮き出る時が ありますが 特殊インキをつかったマーカーです。
  
セキュアスタンパー1342 + マーカー     ¥945(税抜¥900)
セキュアスタンパー2471 + マーカー    ¥1,575(税抜¥1,500)
 



またオリジナル印面も 作成できます。

●セキュアスタンパー1342別注          ¥1,470(税抜¥1,400)
                     版下作成費  ¥1,050(税抜¥1,000)

●セキュアスタンパー2471別注          ¥2,730(税抜¥2,600)
                     版下作成費  ¥2,100(税抜¥2,000)



ご注意:この商品は安全なデータの抹消、隠ぺいをするものではありません。データの流出などにより被害が生じた場合、責任を一切おうことができませんので あらかじめ ご了承下さい。

小泉 洋の やさしい健康体操教室 その4

脂肪はためずに使い切る
前回まで、効果的に歩くためのポイントを、いくつか挙げてきましたが、今回は「脂肪は貯めずに使い切る」と題して、少しだけ専門的な知識の一部を紹介します。
メタボという言葉が、すっかり一般的になり、ちょっと気になるという方も多いのではないでしょうか。メタボ(内臓脂肪型肥満)は、簡単にいえば、食べ過ぎと運動不足による悪循環が原因ですが、実際に自分の食事量と運動量(活動量)について、日頃から気をつけている人は、それほど多くないしょうです。
私たちは、寝ていても起きていても、生命を維持するために、食事などからエネルギー(栄養)を摂取する必要があります。しかし、食べ過ぎて、必要量以上に余ってしまったエネルギー(カロリー)は、その多くが脂肪となって身体に蓄えられます。
1㎏の脂肪には、およそ7000㌍のエネルギーが蓄えられていますが、これを減らすためには、運動による消費や、食事制限による差し引きが必要となります。
100㌔㌍のエネルギーを消費するためには、体重70㎏の人で、およそ30分歩く必要があります。ちなみに食事で換算すると、ごはん茶わん半分、ビールコップ1杯強が、それに相当しますので、いかに運動で消費することが大変で、逆に食事でオーバーする可能性が高いか、お分かりいただけると思います。
神経質にカロリー計算しながら運動することは、ノルマや義務感といった意識が強くなるため、あまりおすすめできませんが、自分の運動量(消費エネルギー)が、食事と比較するとどのぐらいか、というイメージがあれば、ただ歩くだけにしても、やりがいや達成感が得られるのではないでしょうか?
「脂肪は貯めずに使い切る」よう、食べ過ぎないことを前提に、ウォーキングやその他の運動で、楽しみながら無理なく、脱メタボにチャレンジしましょう。
       
     トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著    小泉 洋’s BLOG


100キロカロリー(kcal)の目安
食べる(摂取エネルギー)
○ごはん       茶わん半分       ○食パン    6枚切り半分
○ショートケーキ  半個            ○コーラ    コップ1杯
○ポテトチップス  14枚

動く(消費エネルギー)
歩く(やや早足)       30分
自転車(軽めに)      30分
テニス(シングルス)    15分
ゴルフ(カート使用)     30分
水泳(ゆっくり)        12分


小泉 洋のやさしい健康体操教室 その3

腕はふらなくてよい?

4月も半ばに入り、青森でもようやく春らしい暖かさを感じるようになりましたが、皆さんも、外で歩くという機会が、多くなってきたのではないでしょうか?
前回まで、歩く時のちょうっとしたポイントをいくつか挙げましたが。今回は「腕は振らなくてよい?」と題して、ウォーキング時の腕の使い方について触れたと思います。
ウォーキング教室などで、よく耳にするフレーズに「腕を大きく振って」というものがありますが、単に腕を大きく振る=腕だけが大きく動く、という動作になってしまっては、バランスが崩れてしまい、長く楽しく歩くことは難しくなります。
もし後を姿が、四角い板のように、背中の動きがない状態だとしたら、とても窮屈で疲れる歩き方になっているはずです。腕を振る時には、ひじが曲がっているか、伸びているかは問題ありませんが、腕だけでなく、背中が柔らかく動いているか、という事が大事なポイントになります。
そこで、腕を振るということをあえて考えず、肩の力を抜いて、腕は自然な動きにまかせるようにして歩いてみましょう。おそらく、腕は振ろうとしなくても、バランスを取るために、自然に動くはずです。その際に、背中の肩甲骨(天使の羽のような骨)周辺から肩にかけて、前後に動かすようにします。
背中は本来、柔らかさやしなやかさを持っていますが、自分では見えないため、動きが乏しく、硬くなりがちです。しかし、肩や腕は、背中(肩甲骨)の動きがあってはじめて、公立良く力を発揮できますので、まずは腕を振らず、背中を意識し、その延長として、自然に肩や腕を動かしてみましょう。
腕を大きく振らなくても、背中が柔らかく動くことで、背骨から骨盤周辺にかけての体幹部も運動し、全身を効率良く動かすことになります。「腕より背中」という意識で、肩や腕の力を抜いて、歩いてみて下さい。

            トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著    小泉 洋’s BLOG

小泉 洋の やさしい 健康体操教室 その2

お腹を意識して歩く
前回は、健康体操の一つとして、「歩く」という日常動作から始めることを、おすすめしましたが、今回は少し発展させて、「お腹(なか)を意識して歩く」ことを紹介します。
皆さんは、普段、どんな姿勢で歩いているか、どこの筋肉を使って歩いているのか、などを意識することはありますか?おそらく、ほとんどの人が、何となく自分の姿勢の癖(猫背やO脚など)や、疲れやすい場所などは、わかっていても、ほぼ無意識的に、歩くという動作を、繰り返していると思います。
歩くこと自体が身体によい事は、前回も触れましたが、健康動作として、歩く動作を、より望ましい動きにかえていくためには、お腹(なか)を意識することが、とても有効です。
お腹の筋肉は、一般的にイメージしやすい、腹筋運動で使われる「腹直筋」だけでなく、背骨を腰痛ベルトのように保護してくれる「腹横筋」や、脚を力強く引き上げる「大腰筋」など、多くの筋肉がうまく連携して、私たちの身体を支えています。
歩くという動作ではこれらの腹筋群が、より活発に働くことになりますので、このチャンスをぜひ積極的に活用したいものです。
まずは、普段の立ち姿勢から、少しお腹を引っ込めるようにし、へそ下に少し力を入れるつもりで、適度な緊張感を持つようにしましょう(手でお腹を触っても良いです)。その姿勢で、常にへそが正面を向くように意識して歩きましょう。
お腹に適度な緊張感を持つ(腹圧を高める)ことで、背筋がすっと伸びて、見た目にも良い姿勢になりますが、さらに脚を前へ前へと持ってくることで、体を支える大事な筋肉が、バランス良く鍛えられます。また腹圧を高めることは、自分の筋肉による腰痛ベルトで腰部を安定させ、腰痛を予防することになります。お腹を意識して歩くことで、より積極的に、健康的な身体を目指しましょう。
            トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
  小泉 洋’s BLOG

小泉 洋の やさしい健康体操教室 その1

青森でスポーツアドバイザーをしている小泉洋くんが毎週掲載している記事です。
小泉くんとは 個人的に バスケットボール・水泳を通じて 知り合いました。実直な人柄で きっちり仕事をこなすタイプ。スポーツアドバイザーたるものは 人にアドバイスする前に 自分を律せよみたいな スタイルは 彼の容姿風貌を みれば一目瞭然。個人的には 勝手にマッチョ小泉と 命名しております。健康についての アドバイスは とても ぐ~ なので 紹介いたします。ブログもかいておりますので そちらの方も遊びに行ってみて下さい。
 
小泉 洋’s BLOG

<こいずみ・ひろし>
トレーニングアドバイザー。青森市出身。筑波大学体育専門学群卒業(健康体力学専攻)。青森市文化スポーツ公社勤務を経て、フリーランスの運動指導者。健康体力づくり財団・健康運動指導士、全米エクササイズ&スポーツトレーナーズ協会・ポーソナル・フィットネス・トレーナー。


歩くことから 始めよう
みなさんこんにちは。本日から「やさしい健康体操教室」を担当します、トレーニングアドバイザーの小泉です。体も心も健やかに、毎日の生活を充実したものにするための、体にやさしい健康体操のポイントを、これから皆さんにお伝えしていきたいと思います。
第一回は「歩くことから始めよう!」です。多くの人が日常的に行っていますが、ちょっとした意識の持ち方で、健康運動の持ち方で、健康運動として取りいれることができます。
普段、運動をしていない人には、ウオーキングというと、ウエアやシューズの準備、腕の振り方、足の使い方といった歩き方のポイント整理など、意外に面倒くさいと感じるかもしれません(格好はとても有効な動機付けにはなりますが)。
しかし、実際には普段何気なく行っている日常動作の中にも、運動へと発展させるきっかけは結構あるものです。
例えば、十分程度の距離であれば、車を使わず歩いていく、外出先では階段を使う、駐車場では建物から遠い場所に車を止める、などです。仮に一日十分でも、普段より多く歩行時間を確保できれば、週一回、軽めに一時間の有酸素運動をしていると言えます。
また、階段を上るときに、かかとから接地するようにすることで、普段鍛えにくい、お尻の筋肉を鍛えることができます。歩くという全身を使った動作が、脂肪を効率良く燃やし、身体を支える筋肉を鍛えることにもなるので、非常にバランスの良いトレーニングをいえます。(ダイエットにも有効!)。
もちろん十分程度という短い時間で得られる効果は、ごくわずかなものでしかないかもしれませんが、運動に対する感心を高めたり、運動による心地のよさを体感するきっかけとして、まずは「歩く」という動作を、健康運動の一つとして、意識することから初めてみませんか。
                   トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著 


Sohey's BLOG 色々日記

青森○○高等学校の同級生の 草平が 最近 ブログを はじめました。

草平には 先月火災報知器を とりつけてもらいました。
火災報知器の調子もよく がんがん警報が 響いております?。おりませんが 安心して 生活しています。

高校時代に 何度が 自宅に遊びに いったのですが 家の作りは 変わっていました。30年も昔なんだけど テレビのビフォー・アフターで 紹介されそうな作りでした。もちろん設計は 草平のおやじさん。
草平には 当時から人とは 違った感性を 感じていました。(おやじさんの影響は 大きいような感じ)。
遊びにいけば コーヒーがでて?草平は ブラック・コーヒーを 飲んでいたような 記憶がするのですが 聞いてみないと 正確なところはわかりませんが。そんな彼は 東京の専門学校で学び 更にその感性に磨きがかかったように思う。新しいものを 創る感性?。発想力?。

そんな彼が 最近 ブログをはじめました。 
Sohey’s BLOG 色々日記

そんな 彼の ブログを見るのか 日課になりました。よかったら 遊びにいってみて下さい。

続きを読む

白い桜

全国的には お花見のシーズン 真っ只中。青森も 春らしくなってきた。しかし 大きな建物の日陰のところには 真っ黒に なった固い雪が まだ残っている。まだ 外出の時に ジャンバーは 必要である。ただ 花粉症の方は ひと頃よりも だいぶ落ち着いたようだ。個人的には 10日位前は 鼻と目の ダブルパンチだったが 最近は 目の方だけ。こちらは もう少しの辛抱だ。

先日 剪定した 桜の枝を 頂いた。(店内に在中?)先日といっても 3月の事だが。
その桜のつぼみ達が 開花し始めた。まじかで 見る桜も きれいだが やはり 桜は 本物?桜の木の方が いい。うちに ある桜は 太陽があたっていないので 花びらが 白い。温室育ちというか 本物には 違いないが 自然にまかせた姿ではない。
〝LET IT BE!時の流れに まかせて〟

当店では 天然?の職人が 作る印鑑を お届けしております。

水回りのことなら 

先月天井の水漏れの修繕を 北奥商事㈱さんに お願いして半月。その後は ばっちり。少し天井の壁の色が 新しい所と 古い所が 2トーンカラーに なっているが 見方によっては アクセントが ついていいかも。

とにかく 水漏れが なおって 安心。

どうも ありがとうございました。

また お願いしま・・・?。

そしたら うちは欠陥住宅?じゃ~ん。
(お願いしなくても いいように 願いながら)

別の所が いかれたら また よろしくお願い致します。

水まわりのトラブルの際は


北奥商事株式会社 738-1425まで

※おいそぎの場合は DANCE MAN ヘアー(ショート)の ひでを ご指名下さい。対応は 迅速ですが 更に 迅速に 対応してくれますので よろしくお願いします。

プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク