FC2ブログ

花粉症

先月はに 日中の気温が 0度以下の日が 続きしばれる日が 続いていましたが 3月に はいり 道路の雪が なくなり 気温は 低いが 日差しが 春めいてきたような この頃。
何かまぶたが 重いような感じがしたり くしゃみが でたり。
花粉症には 辛い季節の到来?。

今年のスギ花粉は どうなるの?

西~東日本:08年と同じが多め

北日本:08より少なめ

スギ花粉をだす雄花の数は 一般に前年の夏が猛暑だと多くなり、冷夏だと少なくなるそうです。

2008年の夏は、西~東日本は6月はくもりや雨が多かったものの、7~8月は晴れる日が多くなりました。ただゲリラ雷雨などが特徴的な夏でした。

北日本は、6月は晴れる日が多かったですが、7~8月はくもりや雨が多くなりました。

雄花の生産量の予想については、一般的に7月の日照時間・気温・降水量をもとにしますが、最近では、6~9月の天候との相関が高く中でも日照時間に注目するそうです。その次に、最高気温・降水量を重視。また飛散量の裏年、表年の傾向や、雄花観察リポートも参考にするそうです。
※しっかり成長している雄花が多め!

以上から、西~東日本は08年と同じか多め、北日本は08年より少なめだそうです。

インフルエンザの予防の為のマスクが 花粉症の為のマスクに さま変わり。


当分の間は もう少し マスクの お世話に なりそうです。

やさしい健康体操教室Pt.37

座ることから始めよう
 今年も残すところ1週間余りとなりました。クリスマスや年越しなど、生活リズムを乱さないよう運動と食事のバランスを保ちましょう。

 今回は、気軽にできるホームエクササイズの一つとして、バランスボールを紹介します。

 バランスボールは健康グッズの定番といえるほとおなじみですが、あまりで出番がなく、忘れられることも多いようです。使い方が分からず有効活用できないという人もいるかもしれませんが、ホームセンターなどで安い値段で買えることや低体力者からアスリートまで幅広く効果的に活用できることからコストパフォーマンスの高い良品といえます。

 バランスボールエクササイズは、主に「止まる・転がる・弾む」という3つの要素を取り入れたものです。適度な柔らかさや球体の形状が、リラズゼーションと筋強化、筋の協調性などの複合的な効果をもたらします。

 最も基本となるのが「止まる・バランスを取る」という要素ですが、基本姿勢(正しい姿勢で座る)だけでも、普段崩れがちな体幹部の筋バランスを整え、姿勢の改善につながります。さらに片足上げや両足上げ、座位だけでなくあおむけやうつぶせ姿勢など、高度なバランス向上トレーニングにも発展できます。

 身体にやさしく効果的なバランスボールエクササイズですが、実施上の注意点がいくつかあります。ます何よりも転倒に十分注意し、危険のないよう、ある程度のスペースを確保して行いましょう。また、ボールの不安定性がめまいや過度の身体の緊張を誘発することもありますので、決して無理せず自分のペースで行いましょう。そのほか、高血圧など内科的疾病や腰・首など脊柱(せきちゅう)の整形外科的疾患がある場合には禁忌となる場合もあります。

 バランスボールは、比較的容易に楽しさや心地よさが得られる便利な用具です。ボールを所持していていない方や気軽に運動したい方は、気分転換も兼ねて、一日数回ボールに座ることからはじめてみましょう。


トレーニング・アドバイザー 小泉 洋 著  
小泉 洋’s BLOG

減量のポイント

脂肪を燃焼させるポイント
減量における注意点は 筋骨が減らないように 体を動かしなが 脂肪(特に内臓脂肪)を減らす事。

○運動の強さ
本人の最大運動量の50~70%の強さの有酸素運動で脂肪が燃焼されます。(速足・ ジョギング程度)これ以上、これ以下でも 糖しか燃えません。

○運動時間
短時間の運動では グリコーゲン・糖が使われ体脂肪は燃焼されません。20分から30分 運動を続けるのとよいでしょう。

○運動の頻度
毎日続けるのが 望ましいが 最小限でも一日おき(運動の効果は2日位しか継続しない)

○満腹中枢を刺激する
脂肪が燃焼されると溶け出した脂肪酸が脳の満腹中枢を刺激して適量以上食べれなくなります。野生動物は これで健康を維持しています。人間の本能は退化しているので欲望に負けますが、脂肪を燃やす事でつらさを感じない食事療法ができます。

スポーツ>食欲 の 秋

食欲の秋

食べ物が とても おいしい季節となりました。

特にお魚は 脂が のって おいしい季節です。

が 自分のお腹に 脂がのるのは いただけません。

自分の標準体重を 計算 & ジャッジ してみては?。

OVERの方は スポーツの秋に してはいかがですか。 


標準体重の算式

ブロッカ
身長(㎝)-100

ブロッカの変方
[身長(㎝)-100]×0.9

BMI
体重(㎏)÷[長(m)の2乗]
※判定 やせ18.5未満 標準18.5~24.9 肥満25以上

標準体重
身長(m)の2乗×22

ウォーキング

ウォーキング
内臓脂肪が減らせる最もポピュラーな有酸素運動

○ウォーキングは。靴さえあればできる 手軽な有酸素運動です。内臓脂肪を 減らしたい中年の人に おすすめの運動です。

○歩きやすい靴を選び 靴ずれなどの 防止の為に 厚手の綿の靴下を はくようにします。

○ウォーキングを始めたら その日 歩いた時間・歩数・心拍数などを 記録する事により 体調管理や 継続するきっかけになるので ノートなどに ウォーキング日記を つけるのも いいと思います。


ウォーキングのポイント 

歩き方を考える。(顔をあげて 軽く息を吸い込んだ感じで 背筋が伸びる感じで 腕は 左右バランスをとる感じで 動かす。歩幅を意識できる位 ゆとりをもって 歩く。周りの景色などを 楽しんだり 公園などでは その場の 空気を感じる位 楽しく歩く事が 継続の第一歩となるので 無理やり歩くイメージをもたないようにする。)

水分補給は こまめにする。(ペット・ボトルに飲み物を準備するも良し・公園や公共施設の水のみ場を 歩くコースに入れても良い。また 二の腕を 引き締めたいと 考えてる人は 両手に ペットボトルをもって歩いてもいいと思う。ただし 両手が つかえないので 質量・交通量・地形・疲れた時の事などを考えて行う。)

動きやすい服装。(天候に左右されるので 防寒具などで 体温を調整する)

目安は 20以上継続して歩く。(脂肪から 運動エネルギーを 消費させる為には 時間が かかる。強度の強い運動では 脂肪が燃焼しずらいので ゆったりと なが~い時間を 継続する。)


プロフィール

KITAYA 

Author:KITAYA 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク